スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Event IDによる調査に使える「Troubleshoot Windows Server」

「Troubleshoot Windows Server」というページがTechNet内にあります。
 Event IDによる調査に使えますので、ご紹介です。

 こちら日本語版です。
 http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/dd283052(WS.10).aspx

 Windows Server 2008とR2とで分かれていて、スレッドを追っていくとEvent IDのコーナーにたどり着けます。
スポンサーサイト

Windows Server 2008 R2でのNTP設定

 NTPの設定です。
 AD環境だと、GUIで設定出来なくなります。Windowsはこういうところが訳わからん。GUIならGUIで統一してほしいところであります。

 ドメインコントローラをNTPクライアントとして、外部NTPサーバを参照するようにする設定については、Microsoft TechNetの「Windows タイム サービスを構成する」に書いてあります。

 が、ハマりました。
 「アクセスが拒否されました。」というエラーが出てしまうんです。エラーコードは0x80070005。

 いろいろと調べたところ、こちらのページにヒントがありました。
 「コマンド プロンプト」を管理者権限で実行させないとダメなのです。

 管理者権限で実行したところ、w32tmコマンド通って、NTP設定が完了しました。
 整理すると、

 1.Firewallで制限している場合は、UDP123 IN/OUTを開く
 2.コマンドプロンプトを管理者権限で実行
 3.w32tm /stripchart /computer:<ターゲット> /samples:<個数> /dataonly
 4.w32tm /config /manualpeerlist:<ピア> /syncfromflags:manual /reliable:yes /update

 になります。
 タイムサーバはtime.windows.comを使いました。Windowsサーバだからね、なんとなく。

 わかりずらい。GUIにしてほしいなあ。

 ↓クリックしてね。
 

テーマ : サーバ
ジャンル : コンピュータ

Windows Vistaからのドメイン参加

 Windows Vistaからのドメイン参加です。
 ドメイン参加は、

 [コントロール パネル]-[システムとメンテナンス]-[システム]

 で、「システムの詳細設定」を選んで「システムのプラパティ」の「コンピュータ名」から行います。

 ADLoginFromVista

 まあ昔からよくやっていたので、「変更」ボタンを押して再起動して、ドメインに入ろうとしたのですが、

 「現在ログオン要求を処理できるログオンサーバーはありません」

 とエラーになり、ログインできませんでした。
 サーバーの「Active Directory ユーザーとコンピューター」で見ても、コンピュータアカウントは作成されていませんでした。

 うーん。
 いろいろと調べたのですが、わからず。

 改めて手順を確認して、「コンピュータ名」タブの「変更」ではなく「ネットワークID」ボタンをクリック。こちらからだと、ウィザード形式でドメイン参加が可能になります。ウィザードに従ってドメイン登録設定を実施。再起動したら、問題なくドメインにログインできました。

 うーん。よくわからないぞ。「変更」から行けたはずだけどなあ。
 原因不明ですが、どうやらドメイン参加させるときは「ネットワークID」ボタンから行った方が良さそうです。

 ↓クリックしてね。
 

テーマ : サーバ
ジャンル : コンピュータ

Mac OS Xからのドメイン参加

 Mac OS Xからのドメイン参加です。

 「Mac OS XでActiveDirectoryに参加する方法(10.6 Snow Leopard)」という優れたブログ記事があるので、そちらを参照して設定してドメイン参加完了。無線LAN環境だと若干設定画面が異なりますが、まあここで改めて書くほどのことでもありません。

 実はなかなかドメイン参加できませんでした。
 ドメインコントローラをDHCPサーバにしているんですが、DHCPから配布されるDNSサーバのアドレスを間違えてました(アホ)。
 それ以外で詰まるところはありませんでした。

 ↓クリックしてね。
 

テーマ : サーバ
ジャンル : コンピュータ

Windows Server 2008 R2でのDHCPサーバ構築

 DHCPサーバの構築です。

 まずは既存DHCPサーバである自宅のルータのDHCPサーバ機能を無効にします。その後に作業開始。

 DHCPサーバーサービスも「役割」です。
 役割を追加していきます。

 

 特に引っかかるところはなく、インストール完了。
 IPv6のところがよくわからなかったのですが、デフォルト設定のままとしました。インストール段階では細かい設定は出来ないみたいですね。スコープを細かく分けたりしたい場合は、インストール後に「サーバーマネージャ」から設定することになります。

 ↓クリックしてね。
 

テーマ : サーバ
ジャンル : コンピュータ

フリーエリア

プロフィール

るとるのラボ

Author:るとるのラボ
IT関連のプロジェクトマネージャ、システムエンジニアをしております。
仕事はマネジメント中心なのですが、それだけでもつまらんし、レビューはテクニカルスキルが無いと務まらないし、ということで、自宅ラボで検証したりしてみることにしました。
よろしくお願いします。

保有資格:CCIE #26xxx, PMP, MCITP(SQL Server 2008)などなど

メインブログはこちら

Twitter
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。